タイプ別おすすめ口座

初心者向き 中・上級者向き 短期売買向き
中長期投資向き サーバーが強い 約定力が高い
高性能取引ツール 信頼度が高い 情報量が豊富

FX口座徹底比較サイトについて

短期売買向きFX口座PICK UPのページでは、スプレッドの狭さ・発注しやすい取引ツール・スリッページが起こりにくいFX口座を掲載しています。

スプレッドの狭さを売りにしているFX会社は多いですが、実際にトレードしてみると、スリッページが頻繁に起こったり、許容スリッページを設定すると注文が拒否されてしまうことがあります。スプレッドの狭さだけで選ぶのは、良い判断とは言えません。

下記の2社は、素早い注文も出しやすく、許容スリッページを設定しておけば、それなりに良いトレードができた数少ないFX口座です。

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券

GMOクリック証券 FXネオのはっちゅう君FXのスピード注文では、新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済注文が1クリックで操作することが可能です。

通貨ペアごとに注文パターンが設定可能なので、取引数量や決済逆指値発注設定などを自分で決めることができます。 スリッページは、許容スリッページ値を設定することができるので、問題ないと思います。初期設定では、許容スリッページが「制限なし」になっているので決めておくことをおすすめします。

DMM.com証券 DMM FX

DMM.com証券 DMM FX

ダウンロードせずに利用できる「SINPLE TRADE」「PRO TRADE」では、成行注文・指値注文・逆指値注文 ・IFD注文・OCO注文・IFO注文・トレール注文・時間成行注文といった多彩な注文方法が用意されています。

米ドル円0.3銭・ユーロ円0.7pips・ポンド円1.2銭といったスプレッドも狭さ、注文画面の使いやすさなど、しっかりスリッページの設定をすれば、初めて短期売買をする方にも使いやすいFX口座です。

このページの先頭へ